帽子好き必見!似合うニット帽の選び方とは!?

9667220068_32b42471ff_b

高い人気を誇るニット帽は、男女ともに毎年の帽子の売れ筋ランキングでも上位に挙がってきていますよね。
その人気には、どんな方でも似合いやすいというのが特徴があります。
今回は、そんなニット帽の選び方、かぶり方など、様々な角度からニット帽の魅力についてご紹介します。

【顔のタイプ別ニット帽セレクト】

メンズ,ニット帽、おしゃれ

ページはこちら

・丸顔タイプ…ちょっと長細いニット帽(固め)-

浅めにかぶることで、丸顔が少し隠れます。
トップは四角いものより丸い者の方が似合いますよ。

・面長タイプ…ゆったりタイプニット帽(やわらかめ)-

深めに、くたっとした感じでかぶることをお勧めします。
ボンボンなどのついていない、シンプルなものがいいでしょう。

・四角タイプ…上にボリュームのある長めニット帽-

面長タイプのような形が出やすいものは避けましょう。
折り返せるような少し長めのものか、ボンボンがついているものもおすすめです。

【番外編】大き目の顔でお悩みの方…つばが付いたニット帽-

つばで顔が隠れることにより小顔効果抜群で似合いやすいでしょう。
ハードルが高いと思われがちですが、一度試してみてはいかがでしょうか?

色を楽しむ!

メンズ,ニット帽、おしゃれ

ページはこちら

ニット帽の良さは、色のバリエーションにもあります。
同じ形でも、違う色を持っているだけで全く違う印象になります。

-・カラフルな色、柄系の色-

メンズ,ニット帽、おしゃれ

ページはこちら

寒い時期になると、服のトーンが落ちやすくなります。ニット帽で、明るさを持たせるもの良いでしょう。
シンプルな服にも合わせやすい為、ワンポイントとしてとても使いやすいです。

-・落ち着いた色-

メンズ,ニット帽、おしゃれ

ページはこちら

白黒グレーなどの落ち着いた色は、服の統一感を持たせてくれます。
寒い冬のコーデに落ち着きと知的さがプラスされます。
一つ持っていると定番で使うことができておすすめですよ。

-【番外編】アクセサリーを付けるのも◎-

メンズ,ニット帽、おしゃれ

ページはこちら

ワンポイントアクセサリーが付くだけで、また雰囲気が変わります。
おしゃれな雑貨屋さんや手芸屋さんで、100円位からパーツは売っているので、
自分好みをワンポイント加えてオリジナを出してみるのもありですね。

-よくあるNGなニット帽の被り方-

メンズ,ニット帽、おしゃれ

ページはこちら

ニット帽をいろいろ試したけれど、どうしても似合わない…という方は、かぶり方に問題があるのかもしれません。
一度、かぶり方のバリエーションを変えてかぶり直してみることをおすすめします。

・よくある失敗1…深くかぶり過ぎ

深くかぶりすぎることで、少し古さが出てしまいます。
例えば、頭の形がはっきり出るようなかぶり方は深すぎるといえるでしょう。
帽子がぶかぶかすぎる場合、2つ被ることもおすすめです。

・よくある失敗…前髪の印象-

前髪があるかないかで、印象はがらりと変わります。この失敗に関しては、どちらが良いという答えはありません。
自分で試してみたり、友達などにどちらが似合うか聞いてみて客観的な意見をもらっても良いでしょう。
また暑さで、前髪がぺたっとすると、清潔感にかけるため、要注意。

-夏のニット帽をかぶる際の注意事項-

スノーボード

ページはこちら

最近、夏なのにニット帽をかぶっている、という方を目にしたことがないでしょうか。
これに関しては、賛否両論あると思います。

夏のニット帽には、注意事項があります。
注意事項を参考に、おしゃれにかぶってみてください。

・素材に気を付ける
ウールなど、もこもことした温かそうな素材は、夏に向いていません。
見ている方も“暑苦しい”と感じますし、何よりも頭がムレやすくなります。
夏のニット帽にはアクリルや麻といった素材がお勧めです。

・耳まで隠すのは基本NG
耳付きニット帽は、特に暑そうなので避けて下さい。また、なるべく耳を出すなどを心がけるとよいでしょう。

夏のニット帽は、とにかく暑く見せない、という事は気を付けた方が良いでしょう。
しかし、季節問わずアクセントにおすすめのニット帽。ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか??

-ニットの歴史を知って、さらに好きになろう-

スノーボード

ページはこちら
ニットの歴史について、ご存じない方も多くいるでしょう。ニットの起源から現在までのご紹介を少ししたいと思います。
織物の起源は、新石器時代、ニットの歴史は、紀元前1世紀頃からと言われています。
13世紀頃から靴下が作られるようになったそうです。
1858年にマシュー・タウンゼントが、ベラ針を発明したことから編み物の技術が広がりました。
日本では、戦後に急激に普及したといわれています。伸縮性があり、着やすいニットは生活に取り入れやすかったのでしょう。
ニット帽に特化した情報はあまりありませんが、日本でニット自体が普及したのは意外と遅かったのが分かります。
ニット帽自体も、もともと人気はありましたが、みんなが1つは持っているような不動の人気を誇るようになったのは、ここ数年の様です。

【いかがでしたか?】

ここまで、選び方やかぶり方、歴史などを紹介しましたが、いかがでしたか??
ぜひ、自分に合ったニット帽を選び、かぶり方の研究をしてみてくださいね。
また、カップルで選んでみたり、友達と色違いにしてみたりといった楽しみ方もありますよ。

ニット帽は、普段の洋服に加わるだけで、オシャレ度がぐんとアップする、お手軽ファッションアイテムです。
いろいろ試して、コーデに取り入れてみてはいかがでしょうか??

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

TwitterでPHASHIONを


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/phashion/phashion.jp/public_html/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 399